まずはどこが壊れているのかを確認

iPhoneの故障を確認して自分で修理が出来ないかを見る

iPhoneが全く反応しなくなってしまった時は、直ぐに修理業者に持ち込むのではなく、自分で修理することが出来ないか見ることが大切です。簡単な故障や、ソフトウェアの不具合程度なら、修理業者に出さなくても自分でなんとかできる事もあります。些細なトラブルの度に、毎回修理業者に出していてはお金がかなりかかってしまいます。ですので、まずはどこが壊れているのか、何が原因なのかをチェックしていきましょう。
また、ソフトウェアの不具合の場合、大抵はiPhoneの電源の入れ直しをすると直ってしまうことも多いです。iPhoneの場合は物理的な電源ボタン(サイドボタン)が付いているので、そのボタンを長押しして再起動をかけてみましょう。

自分でどうしても直せない場合に業者へ依頼

故障が画面割れやホームボタンが凹んでしまったりして、物理的に修理するのが難しい場合は専門業者に依頼をすることになります。また、そのときにも何処が故障しているのかを把握することは大切です。何処が故障しているのかが分かれば、修理にかかる料金もある程度推測できます。自分で修理できない時は、故障箇所を把握してそれを業者に伝えて修理をしてもらいましょう。
ちなみに、iPhoneの何処が故障しているのかすら分からない場合も、専門業者に任せれば故障箇所の特定まで行ってくれます。機械操作に疎い方は、自力で頑張ってもどうしようもないことも多いので、困ったら迷わず専門業者に依頼するのが早いです。うまく専門業者を活用して、iPhoneの故障トラブルに対応して行くことが大切です。

iphoneが起動しない場合には、電源ボタンを長押しします。また、充電切れの可能性もあるので、充電してみましょう。起動しない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しすると直る場合があります。