iPhoneを修理するために必要な工具

故障かな?と思ったら!不調のiPhone応急処置!

皆さんはiPhoneを操作していて突然、不自然に重い、フリーズするなどの症状に見舞われてしまったことはないでしょうか。その様な時に最初に試してほしいのが再起動をすることです。アプリなどの動作が不安定になっていることが原因となっていることも多いので、再起動してその状態を解消することが必要です。それでも解消しない場合はリセットをします。リセットでも治らない場合は、少し面倒かもしれませんが、初期化をしてiPhoneを購入時の状態にしてしまうという手段もあります。この時、データや設定などがすべて消えてしまうため、どのような設定にしていたかを覚えておく他、大事なデータはあらかじめパソコンなどにバックアップを取っておくとよいでしょう。

それでもだめなら?iPhoneの修理方法!

どうしても直らない場合、お店などに持っていきたいが時間がない、先々のことを考えて自分で修理できるようにしたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。ここではiPhoneの修理に役立つ工具をご紹介します。最初に手に入れておきたいのは、市販のプラスドライバーよりも精密なプラスドライバーです。iPhoneには小さな部品も多いため、部品のつけ外しに必要です。次に星形ドライバーと呼ばれる工具です。iPhoneには星形のネジが使われていることが多く、通常のドライバーではすぐにネジがなめてしまうからです。その他、静電気を防止する加工がされたピンセット、接着面などを外すためのヘラ、さらには外したネジを失くしてしまわないためのケースなどがあると便利です。

iphone6sの修理は、携帯キャリアだけでなく、家電量販店や携帯ショップなどで依頼でき、依頼先によってはクリーニングからパーツ交換、防水加工まで幅広いサービスを受けることができます。